だいたい32×32で、麻生政権を振り返る。

麻生政権 2008年9月24日から2009年9月16日をドット絵で振り返っています。

20081213@日中韓サミットと名付けたい



Japanese Prime Minister Taro Aso (L) and Foreign Minister Hirofumi Nakasone (R) listens during the tri-lateral summit at Kyushu National Museum in Dazaifu on December 13, 2008. The leaders of China, Japan and South Korea called December 13 at a rare joint summit for action to shield Asia from the global economic crisis and renewed efforts to end North Korea's nuclear drive. AFP PHOTO/Katsumi kasahara/POOL (Photo credit should read KATSUMI KASAHARA/AFP/Getty Images)


麻生首相日中韓サミットと名付けたい」
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20081213-439936.html
麻生太郎首相と中国の温家宝首相、韓国の李明博大統領による日中韓首脳会談が13日午後、福岡県太宰府市九州国立博物館で開かれ、緊急時の外貨の融通など世界的な金融危機への対応や、北朝鮮の非核化実現に向けた6カ国協議での連携強化を確認した。防災担当の閣僚級会合を新設することも決めた。

日中韓首脳会談はこれまで東南アジア諸国連合ASEAN)との国際会議に合わせて開催しており、独立して開くのは初めて。今後は持ち回りで年1回開催する。3首脳は「日中韓協力は新しい段階に入った」(温首相)などと独立開催の意義を強調。麻生首相は会談で「この会議を日中韓サミットと名付けたい」と呼び掛けた。

3首脳は会談後、政治や経済をはじめ幅広い分野での協力の基本原則を示した「3国間パートナーシップに関する共同声明」に署名。国際金融と経済に関する共同声明、防災協力に関する共同発表、約30分野にわたる行動計画をそれぞれ採択した。

麻生首相は会談で「日中韓3国の協力を新たな次元に押し上げるべく力を合わせたい」と強調。両首脳も「未来志向の関係を構築していきたい」と表明した。

金融危機に関しては3国の協力強化が「世界経済と金融市場の深刻な課題に立ち向かうには不可欠」との認識で一致。緊急時に日中韓で外貨を融通し合う通貨交換(スワップ)協定の資金枠拡大、日中韓東南アジア諸国連合ASEAN)との同協定の機能強化などで合意した。

年内の閣僚会合開催が見送られた世界貿易機関WTO新多角的貿易交渉ドーハ・ラウンド)の早期妥結を目指すことも確認した。

北朝鮮核問題では、先の6カ国協議首席代表会合が成果なく閉幕したことを踏まえ、北朝鮮の核計画検証の合意文書化と非核化実現に向けた連携強化を確認。麻生首相拉致問題を含めた日朝関係進展への協力を要請。両首脳は「日本の努力を理解し支持する」と応じた。

行動計画では大気・海洋汚染問題やアフリカ開発支援、国連安全保障理事会改革、青少年交流などでの具体的な協力を打ち出した。(共同)

 
<関連>

20081213@日中韓首脳会議
http://d.hatena.ne.jp/beber/20091204#p1

20081213@日中韓首脳会談
http://d.hatena.ne.jp/beber/20100313#p1