だいたい32×32で、麻生政権を振り返る。

麻生政権 2008年9月24日から2009年9月16日をドット絵で振り返っています。

20090325@万全を期すのは当然


麻生首相ぶらさがり詳報】北ミサイル「万全を期すのは当然」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090325/plc0903251841015-n1.htm
麻生太郎首相は25日夕、北朝鮮が「人工衛星」打ち上げを名目に発射準備を進めている長距離弾道ミサイルに関して「(国民が)心配のないように政府として万全を期すのは当然の努力だ」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。ぶら下がり取材の詳報は以下の通り。

【APEC】
−−まず2010年のAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の開催地について

「2010年の秋に開催をする、日本が主催をするアジア太平洋経済協力会議、通称APECっていうんですが、横浜市ということにさせていただきます。前回の大阪の開催以来15年ぶりの日本開催ということになりますが、考えてみますと、アジア太平洋というところと日本というところはずいぶんと表裏一体となって経済の発展等々やってきたんだと思いますが、いずれにしても今後さらなるAPECの経済統合やらなにやら新しいビジョンを示すいろんな機会なんだと思いますけど、そういった機会になるんだと思っております」

−−横浜市に決めた理由は

「これはいろいろ候補地が多く立候補していただきました。それこそ北からいろいろ南までずいぶんいろいろ出していただきましたけど、われわれとしては総合的にというのがいちばんいい理由だと思いますけど、行楽シーズンになってくちゃくちゃになってることもないだろうとか、ホテルの取れる状況とか、港とか飛行場に近いとか、いろんなことを総合的に判断して開催をさせていただきました」


北朝鮮ミサイル】

−−北朝鮮が「人工衛星」打ち上げを名目に発射準備を進めている長距離弾道ミサイルに対する破壊措置命令について、北朝鮮を刺激しないために閣議決定を避けるべきだというような意見もある一方で、命令を公開しなければシビリアンコントロール文民統制)や情報開示の面で問題があるのではないかという声もあるが

「一応、(発射が)4月4日と8日の間と北朝鮮側は言っていますが、今週中に安保会議を開催しますので、その上で決定をさせていただきます。国民に対する説明等々いろいろ心配なさっている方々、地域含めていろいろあるんだと思いますけど、そういったことの心配のないように政府として万全を期すというのは当然の努力だと思っています」


内閣人事局

−−内閣人事局だが、政府側は昨日、局長に内閣官房副長官を充てる原案を自民党に提出したが…

「人事局長…」

−−党側は専任ポストとすべきだという意見が大勢で、今日の会合でも了承が見送られたが

「このことに関しては少なくとも行政改革に反しないこと。それから、行政の最終的な責任を内閣総理大臣が負っていますので、この人事に関して総理大臣の意向というのはきちんと反映されること。この2つ。これが基本です」

−−そのためには内閣官房副長官であるべきだと考えるか

「総理大臣自らやるのがいちばんでしょうね。お宅の会社の人事も社長がやっているんだろ。最終的に」

−−行政改革の観点といったが、1人ポストを増やすというのが行政改革に反するということか

「と、御社ではそう思うんじゃない」

−−首相は違うのか

「いや。御社ではそう思うんじゃない?と。御社というと、どこの社か分からないようにしてわざわざ言っているんだから。基本的には新しいポストを作って、それに対して何、高給を払うというようなことは避けるべきだと思っています」

−−調整が難航しているが、あくまでも今月中に閣議決定をするのか

「当然です」

−−与党側では専任のポストを設けようという声が多数あるが、そのような考えはないと

「ありません。専任ポストというのはひとつポストを増やしてんじゃない」

−−行革の観点から言うと、首相と官房長官の秘書官がそれぞれ1人ずつ増えていて、このあたりの整合性は

「それは全然意味が違う。行革とは意味が違うと思います」